さをり織り通信 手織適塾さをり情報ブログ いま感じていること

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年

新年明けましておめでとうございます。
本年も「さをり」をよろしくお願いします。
本日、1月5日より「さをり」は新年の営業を開始しております。

今年は、亥年。
「亥」には、草木が大地に根を張り生命力を蓄えている、という意味があるそうです。
さをりも、団塊の世代プロジェクト、こどもプロジェクトなど新しい根をしっかり張ってエネルギーを蓄え、より面白い活動を行っていきたいと思います。
ご期待ください。また、ご助力の程よろしくお願いいたします。

手織り適塾さをり-クリスマスギフトコレクション

スポンサーサイト

テーマ : 新年のはじまりっ♪
ジャンル : 日記

相談支援従事者初任者研修に行って来ました

「相談支援従事者初任者研修」を月・火と、丸2日間受けてきました。
ロールプレイや模造紙を使いグループで発表するなどがあり、福祉関連の色々な立場の方々と話をする機会もあり、楽しくためになるものでした。

手織り適塾さをり

”さおり”ではない”さをり”

さをり織りは、なぜ「さり」ではなく、「さり」なんですか?という質問をよく受けます。

城みさの始めた織りというところから、縮めて「さり」と名づけました。

人それぞれに差(個性)があり、それを作品に織り込むことから、差異を織る「さをり」の意味も含まれています。

工芸としての型にはまった「おり」ではなく、アートとしての自由自在な「をり」であるべきだ、と私はとらえています。




自宅のベランダから「淀川花火大会」の花火を鑑賞しました。ただただ美しかった。いつ見ても花火からは生命の迸りを感じます。

手織り適塾さをり


手織り適塾さをり

テーマ : ことば
ジャンル : 学問・文化・芸術

SAKURA

昨日は、奈良の山中にある民家へ行き、野草やタケノコのテンプラなどをいただきました。桜のほうは山の中でまだ寒い事もあり五分ほども咲いていませんでしたが・・・。
本日は、NPOさをりひろばの総会が行われています。様子は、後日掲載を予定しています。

手織り適塾さをり

手織り適塾さをり

テーマ : お花見(∀`*
ジャンル : 日記

在宅福祉活動支援セミナー

昨日、独立行政法人福祉医療機構主催のセミナー「在宅福祉活動支援セミナー ~障害のある人が安心して暮らせる地域づくり~」を聞きに行って来ました。
まず、東洋大学教授の小澤温氏の基調講演があり、引き続いて3つのNPO法人、知的障害者在宅支援・りぼんの藤澤静江氏、居宅生活支援センター ケイ.コムの牧島敬子氏、自立支援センターかごしまの藤田泰洋氏の障害者の自立支援・就労支援に関する活動報告がありました。

小澤氏の話では、「障害者自立支援法」により施設から地域への移行が進み、障害の程度に応じて「サービスのかたまり」を組み合わせてサービスを受けるとのこと。市町村とそれを支える地域の活動が大きな位置を占めるようになるとのことでした。
活動報告では、自立支援センターかごしまの「たんぽぽ事業」として商店街の店舗を買い取って障害者を中心に誰でも参加可能なノーマライゼーション活動を標榜した作業所を開設し、地元の住人の方がフラッと立ち寄って和める場所として親しまれている、というところに面白さを感じました。商店街の空き店舗などを利用して様々な人たちが交流し癒される空間づくり・まちづくりには興味を持っていましたので大変参考になりました。
最近は、ロハス(LOHAS・Lifestyles Of health And Sustainability/健康と環境に配慮した生活)ということばが使われるようになりました。ただし健康や環境を考えるときに、それが個人の消費や欲求を満たすだけのものになってしまうならば意味はない、必ずその考えを補完する様々な人々が寄り集まれる場所を作らなければいけないと感じます。そのため、商店街などを使って、障害者・高齢者・引きこもり・非行少年や疲れてしまった人たちがホッと出来る場をさをり織りを触媒にして作り出せればいいな、と思いました。
手織り適塾さをり

テーマ : つぶやき
ジャンル : 福祉・ボランティア

月刊フィランソロピー 新春鼎談を読んで 

元宮城県知事でさをりにも非常に理解のある浅野史郎氏が、日本フィランソロピー協会会長に就任されたということでその新春鼎談(浅野史郎氏、前会長-林雄二郎氏、理事長-高橋陽子氏)を読みました。

 「フィランソロピー」とは、従来の社会奉仕・社会貢献のような哀れな人、貧しい人に、お金持ちが施す、弱い人を助けるという一方的なタテの関係ではなく、どんな重い障害を持っていても、年を取っていても社会を創る仲間として支えあうという貢献活動です。企業でも団体でも個人でもその組織や個人の内側さえ良ければというのではなく、社会的に品位を持ち責任を持って行動する必要があることは、マンション偽装問題などを引くまでもなく現代社会の大きな課題であると思います。それぞれが蛸壺の中にこもってしまうのではなく、お互いの違いを認め合い分かり合うことから社会への参加が始まるのではないでしょうか。
 さをりでも、「NPOさをりひろば」というNPOの活動を行い、特に障害者や高齢者の社会参加の問題に取り組んでいますが、彼ら彼女らを単純に弱者と見るのではなく、特に感性の分野で非常に可能性のある社会にいい波動を起こす事が出来るはずですし、協力もしていけるものと考えます。自治体の、企業の、地域の、個人の蛸壺のフタを取っていけるように目標をしっかり持って活動していきたいと思います。
手織り適塾さをり-フィランソロピー

テーマ : NPO
ジャンル : 福祉・ボランティア

新年の辞

新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。さをりは、本日より営業を開始致します。

今年は「戌」年です。「戌」という字には、「収穫する」「収穫したものを守る」という意味があるそうです。さをりも今年は面白い新たな取り組みを行って、しっかりと「収穫」出来るよう頑張ってまいります。よろしくお願い致します。

手織り適塾さをり-新年

テーマ : あけましておめでとう!
ジャンル : 日記

よいお歳を

本年のさをりの営業は本日までとなります。
新年は、1月5日からとなります。
本年は大変世話になりました、来年もよろしくお願い申し上げます。

手織り適塾さをり


手織り適塾さをり

テーマ : 伝えたい事
ジャンル : ブログ

大阪にも雪が降りました

今日は珍しく大阪でもかなりの雪が降りました。(半日もするとほとんど融けてしまいましたが)クリスマス前の粋なプレゼントでした。
教室の窓から撮った写真はコチラ。
手織り適塾さをり-教室風景

テーマ : ☆雪☆
ジャンル : 日記

障害者自立支援法・介護保険制度についての講演に行ってきました

「障害者自立支援法」ならびに、介護保険制度改正の概要について厚生労働省の障害福祉課長の藤木則夫氏と大阪府の介護支援課長の泉潤一氏
の講演を聴いてきました。
詳しくは後日と致しますが、障害者にせよ高齢者にせよ自己責任・自己負担が増えていく方向になっております。負担が増えるからには、国家や自治体の福祉施策の充実を強く求めて行く反面、NPOさをりひろばとしても、これまで以上に社会に貢献出来る活動を考えていきたいと思っています。泉氏が強調されていた「介護予防」(要介護になることを出来るだけ防ぐ、または悪化しないよう対策をする)において、特に高齢者の認知症(痴呆)の進行を防ぐために、さをり織りが活かせるのではないか検討しております。
手織り適塾さをり通信

テーマ : 私たちにできること
ジャンル : 福祉・ボランティア

アクアリウム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
“さをり4つのねがい”


手織り適塾さをり-さをり4つの願い

ツイッタータイムライン さをり織り
さをりリンク 各地のブログ
さをり大阪本部
〒534-0027
大阪市都島区中野町5-13-4
 本部・教室・さをり会館・さをり集ぎゃらりぃ
 
TEL 06-6921-7811
FAX 06-6921-8255
mail:osaka@saori.co.jp

カテゴリー
アルバム
ブログ内検索
最近の記事
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。